CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
糠漬け再開



三度目の正直、今年は糠床を駄目にしない人間になりたい!
やっぱ、朝ごはんが締まるわ〜
具沢山汁と糠漬けで、玄米ごはん3杯いきましたわ。おほほ

| 食べもの | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新研修生、恒川京士君のご紹介


1月からの新しい研修生、
恒川京士(つねかわ あつし)君のご紹介です!

京士君との出会いは、
昨年の新農業人フェアの相談ブースに来てくれた際の事です。

前職は、営業職のサラリーマンで、海外赴任も多く、
この先の人生は、家族で過ごす時間をもっと増やしたいという
理由から「ご夫婦で自営行を。。」という夢を持ち、
自然の中で仕事をする農業を選択しました。
 
その後、奥さんの千尋さんと一緒に、
さいのね畑へ1日農業体験に来てくれて、
また別に、1週間のインターンにも来てくれて、
熟慮の上に、研修が決まりました。

研修は1年間で、
卒業後は、研修開始以前に住んでいた馴染みの深い
千葉県の我孫子市での新規就農を考えています。
スタートから3週間。
まだ短いお付き合いですが、
頑張り屋で真剣です。
趣味がマラソンで100km走ってしまうくらいですから、
そのあたりは保証済みというところでしょうか。

真剣に取り組めば、何事も上達するはずです。
農業の動きと思考のリズム感みたいなものが、
「まずは少し」体と頭に染み込むまでの最初の1ヶ月くらいは、
空回りすることもあるので、失敗もありますが、
指導された事を次に生かすために、細かくメモを取ったり、
頑張っていますので、
なんとか最初の大きな一山を越えてもらえればと願っています。
 
研修の半年間の先輩、一真君とは、同学年で、
これから、畑での作業を通して仲良くなり、
気兼ねのない良い関係を培っていってもらえればとも思います。
 
1年間、あっという間ですが、さいのね畑での研修が、
先の長い京士君の農業人生のお役に立てる様、
一緒に頑張ります!
 
こちら京士君のブログ「おはようブログ」です。

皆様、宜しくお願いします!

 
| 研修 | 18:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
初たまご



9月生まれの鶏、
初タマゴ産みました〜
2個!
例年よりちょっと早め。
まだ小さくて、殻の色が濃い。

ヒヨコを毎日世話していたわたしでもなく、
その後ずっと面倒をみていた一真くんでもなく、
インフルエンザ休みから復帰したてのアツシくんが、
偶然発見(笑)
ついてるねー!!

二人の今日の昼食は、卵かけごはんかな?

| 養鶏 | 14:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
畑の無事と、青菜


畑に行くとやはり、
大量のビニールトンネルが上に乗った雪に押し潰されていて、
「あーっっっ!」と声が出てしまったが、
道中「落ち込まない、落ち込まない・・・」と、
呪文のように唱えていたのが功を奏し、
こころは安定していた。
よし、わたし成長したぞ。

日当たりの悪いこの畑は、一日では雪が解けきらないし、
中途半端に解けかかった雪は、夜のうちに氷になるだろうから、
被害が大きくなってしまう。
裏起毛の上等なゴム手袋を装着し気合を入れて、
大急ぎで雪を掻き出しふるい落とす。
5年前の今頃、ビニルハウスが3棟全壊した日にも、
こうやって掻き出したことを思い出した。
沢山の人が助けに来てくれたなと顔が浮かび、
アドレナリンが出た。
あの日に比べると全然寒くないし、
今は妊婦でもないからおなかも軽くて、随分楽ちんだ。
暗くなる前に救出完了。

よく日の当たる他の畑は、太陽の力で解け、
今日見回ると潰れたトンネル全てが立ち上がっていた。
ダンポールが数十本折れただけで、中の野菜はほぼ無傷。
トンネル補修も完了。よかったよー

今うちの畑では、葉物野菜がフィーバーしている。
昨秋の台風後に、必死で作つけたものたち。

今日のお昼ごはんは、青菜づくし。
壬生菜のお吸い物、のらぼう菜のおひたし、
小松菜と豚肉の炒め物、あやめ雪かぶの塩もみ。

一年で一番、この季節の葉物が好きだ。
同じ青い葉っぱでもひとつづつ、
はっきりと違う味がする。
しみじみおいしい。
| 食べもの | 13:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雪の日

夕方から急激に雪が降り、あっという間に積もって、
世の中の子供たちや、だいたいの大人たちの、
そのワクワクとは逆さまに、
ああ、トンネルの中で絶好調の野菜たち、潰れてしまうのか?
まさか、またビニルハウスも・・・??
と、非常に憂鬱な気持ちになっていた農民のわたしだったが、
「おかあ、がんばるんだよ、
そういう時は、がんばるしかないんだよ」と草太郎に言われ、
いいこと言うな、
なったらなった時だ、と気を立てなおす。

本日ガラガラのスーパーSENDOで買った、
半額の特上寿司と蛸刺しとホタルイカを食べてから、
夜8時からの雪あそび。
結構大きい雪だるまができた。
鼻はニンジン、手はイボ竹支柱、目はチクチクボールである。
こどもの頃は、すごく大変だと思っていた雪だるま、
一瞬で出来た。
いっぽう雪合戦は、あれあれ、すぐに息切れ。
ふらふらのくらくら。
そりもやったし、雪、楽しかったー

 

 

部屋に戻って、こたつで眠ってしまった草太郎と、
そして腕枕で満足そうな、キャサ。
猫は裸足だからやっぱり雪は苦手みたいで、
ずっと玄関で待っていたからねえ。

 


 




 

 

| 暮らし | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
電熱線温床
いよいよ春夏に向けての本格的な育苗がスタートしました。

この寒い時期の苗づくりに欠かせないのが、
育苗用のビニールハウスと「温床」です。

冬の気温そのままでは春や夏の野菜は発芽すらしませんから、
人為的に温熱を加えた苗床を用意して、その上で苗を育てます。
落ち葉や米糠をよく混ぜ、水をかけて、
足で踏み固めて発酵を促し、その発熱を利用する
「踏み込み温床」という江戸時代から伝わる技法も、
いまだ有機農業の世界では一般的です。

石油も電気も使わず環境に優しい素晴らしい方法で、
さいのね畑でも、新規就農当初、栃木の茂木では、
「踏み込み温床」を使っての育苗も行っていたのですが、
大量の落ち葉を集める時間と労力や踏み込む際の重労働を考えると、
業務としての費用対効果的に厳しい側面もあり、
3年目くらいからは、電気を使った温床を取
入れて、育苗を行っております。



昨年までは、上の写真の様なマットを敷いて、
その上で苗を育てておりました。
栃木時代からお世話になっているヒロキさんより、
中古の品を破格で譲っていただいたものです。
 
濡れても平気なホットカーペットといった感じで、
コンセントに挿せば一瞬で、
どこにでも温床が出来上がるという優れ物なのですが、
5年以上の使用で、経年劣化、
メーカーの謳う寿命も過ぎまして、
年末、試しに、電源を入れてみると、
ウンともスンとも温まらないということで、
さてさて、この冬の育苗どうしようかと考えると、
このマットを新品で購入するのは、結構、値が張り、痛いところ。
 
というわけで、就農後初めて、
「電熱線温床」なるものを、作りました。
地中に電熱線を埋め込み、その熱を使います。

経費は、出来合いのマットの4分の1程度です。
作り方自体は、そんなに難しい事もないのですが、
なにぶん、初めてなので、
研修生の一真君と京士君に実作業をお願いしながら、
いろいろ調べつつ、工夫して作るのが、とても楽しい仕事となりました。




いざ完成してからも、きちんと均一に求める温度が確保されるか、
不安でしたが、一真君が、さいのね畑に導入してくれた、
温度ロガーで各所の温度の時系変化を確認した結果、問題なし!
 
2坪の広さのものを2セット。
 
苗半作(良い苗ができあがれば野菜はもう半分できあがった様なもの)
という言葉どおり、苗作りの成否が、野菜の出来不出来を大きく左右します。
舞台は整いましたので、後は、本番の栽培管理の腕次第です。

「全部、大成功させてやる」緊張感と高揚感が入り混ります。

 
| 営農 | 06:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
草太郎



今朝、人参ジュースを覗き込みながら草太郎。
「ねえ、おかあ、お野菜の種はどうやって作るの?」と聞くので、
あれっ?知らなかったっけ??と思いながら、
「ほら、トマトとかカボチャとか、お野菜の中に種あるでしょ?あれ採って播くと芽が出てまたお野菜ができるんだよ。」と答えると、
「そうじゃなくてさ、そのお野菜がまだなかった一番最初は、その種はどこから来たの?ってことを聞いてるんだよ。」と言う。
「うーん、どこから来たんだろう・・・おかあにもわかんない」

いのちのはじまりについて、疑問をもちはじめたようだ。
新しい扉をまたひとつ開け、
難解な世界に足を踏み込んでしまったよ。

写真はこの冬のスキーデビューの様子。
20年ぶりのスキーにへっぴり腰な母を尻目に、
シューシュー遠くへ滑って行っちゃった。

うれしいやら、ちょっぴりの心配やら

| 暮らし | 19:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今週の台所

 

眠れぬ夜には、漬物を仕込む。
白菜、人参、柚子、昆布、塩。

 

朝ごはんは、柚子塩小松菜うどん。
小松菜が、しみじみおいしい季節です。

 

朝のうどんつゆ、塩おでんに変身。
出汁ガラで作った佃煮、今日のは柚子入りだからなかなかイケてます。

 

冬菜、黒田五寸人参、がんも、えのき茸、蒟蒻
鰹節と昆布出汁、塩、みりん



 

そして今更ながら、ハンドブレンダーを手に入れたのですが、
すごい便利で、毎日潰してジュースばっかり飲んでます。
これは、人参と林檎と柚子のです。

 

 

| レシピ | 13:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
トンネルの中






第10圃場のトンネルの中が、順調そのもの!
この冬ずっとお出しできていなかった春菊も、
もうそろそろ。
新しいカブも、そろそろ。
台風が去ったあとに播いたもの、みな元気。
うれしいなー
| | 12:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新年苗づくり開始


初夏どりの、キャベツ播種はじまりました。
温床を開けるのが、毎朝の楽しみ。
土をもたげる首が、いとおしさ満点。
| | 12:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                                                       
| 1/69PAGES | >>