CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
今日の朝ごはん

今日の朝ごはん

オクラとモロヘイヤとつるむらさきと半熟卵で、
夏のねばねばとろとろどんぶり

 

 

 

 

| 食べもの | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
秋冬野菜の苗づくり

梅雨明けもまだ、
まだまだ暑いですけど、
キャベツ・ブロッコリー・カリフラワーなどの、
秋冬野菜の苗作りはじまってます。
発芽率は上々。
バッタや蛾の侵入を防ぐために、
苗床の防備は年々厳重になってきました。
去年は水やりで木材が湾曲し、
その隙間から小さい蛾が進入し、
卵を沢山産みつけられてしまうという悲劇があったけれど、
今年は作りを変えたし、ほんの少しの隙間を見逃さない。
ぜったい見逃さないぞー!!!

 

 

 

 

| | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
研修生ようこちゃんのご紹介です!

 

 

5月から研修がスタートした、

ようこちゃん(平間陽子さん、29歳)のご紹介です。

 

2月に2週間のウーフで来てくれたのがきっかけです。

 

仙台から下道、自前の軽トラックでの登場に、

「気合入っているな」というのが第一印象でした。

 

初日の作業から指示通り的確に動いてくれて、

会話の中から農業的な予備知識も垣間見られて、

作業後、夕食時などに、お話をすると、

高校生の時から「将来は農業」と決めて、

農業の専門学校からトマト農家での数年間の勤務、

将来の独立就農を見据えての飲食店勤務、

途中ではハードなダブルワーク等もこなしながら、

しっかりと就農資金(私達が見て充分な額)の

準備もしてあるとのこと。

一度、自分で、それなりの広さ(40a)の畑を借りて、

耕作した経験もあり、当時は失敗したが、その難しさも、

肌で知っていて、態勢を立て直し、資金もさらに増やして、

いよいよ本格的な独立就農に向けて、

研修先探しも兼ねて、ウーフをしているという話でした。

 

今まで来てくれた就農希望の方達の中でも群を抜いて、

着実に「準備」を進めていて、

憧れに留まらない強い意志を持っているのは、

間違いないところでしたので、

お決まりの「まずは就農するかどうか、いちから考え直すように」

といった話は、軽く飛ばして、

「どこで、どうやって就農して、営農していけば、うまくいくか」

と言ったところから、いろいろなお話をさせてもらいました。

 

就農地は、

生まれた岩手や学生時代から住んでいた宮城といった

東北地方と繋がりを持ちながらも、

農業のやりやすい温暖な場所という点から、

関東を希望していること、

彼女なりの視点「永続可能な営農環境」から

多品目有機農業の選択が視野に入っていること、

などを聞いて、

自分達なりに知っている直売型小規模多品目有機農業の

難しさや面白さや、

移転の経験から知っている関東内での土地による条件差等を

伝えたりしました。

 

研修先を探しているということでしたので、

ウーフ期間数日の作業やお話の後、早々に、

私達夫婦で話合い、

さいのね畑を研修先の一つとして考えてもらえる様、

お誘いをしました。

 

「今までの準備と強い意志が無駄にならない様、

さいのね畑の指導やアドバイス等で、

なんとかサポートしてあげたい、できるのではないか」という思いと、

「ようこちゃんの様にやる気がある人が研修生になってくれれば、

さいのね畑の営農にも大きなプラスがある」という思いの2点からです。

 

もう1つ加えるならば、ニコニコ笑顔で頑張り屋のようこちゃんが、

メンバーに入ってくれれば、全体の雰囲気にも活気が出て、

楽しくなるだろうということ。

 

もちろん、研修先選びは大切な選択ですから、

他も見て、話を聞いた上で、よく考えて自分で決めてくださいと。。

 

お誘いはしたものの、その話をした後、ウーフ期間中に、

ちょっとした飲み会があって、さいのね畑(というより私個人)の

ハードでクレイジーな「部分」を存分にさらけ出す(フィーバー)機会が、

期せずして訪れてしまい、

「まあ、うちという選択肢はなくなっただろうが、

下手に知らないで来て、後で後悔するよりは良かったか」、

などと考えつつ、

ウーフ期間中の頑張りに感謝して、ようこちゃんを送り出しました。

 

数週間後、さいのね畑で研修したいと、連絡がありました。

 

さいのね畑を研修先として選択した理由は、

「誘ってくれたから。エネルギーを感じたから。面白そうだから。」

こんな感じだったと思います。

 

「面白そうだから」、これまでの研修生達の理由も、

これが入っていた様な気がします。そんな理由でいいのか。。

違うところをアピールしているつもりですが。。

 

理由はともあれ、来てくれるなら大歓迎、お互い、本気でやるだけです。

 

研修期間は、ようこちゃんの就農への計画上もあって、

2年間を予定しています。

1年目でベースとなる知識や技術は身に着けた上で、

2年目はよりスタッフ的に仕事をしてもらいながら、

具体的な就農地探しを千葉、茨城、その他関東圏内も視野に入れながら、

できるだけ妥協なく進めるつもりです。

 

現在、2ヶ月が過ぎました。

 

前半1ヶ月は3人の研修生のスタートのタイミングと

年齢、実力が交錯してしまったため、

人員配置や指導過程のペース配分の部分で、

バタバタさせてしまったところもあり、

こちらもかなり悩んだりしたのですが、

私達なりに良く考えて、仕切りなおしとして、

現在は、ようこちゃんに、

リーダー的な役どころもお願いして、

本人もそれをプラスに捉えて、

本当に良く頑張ってくれています。

 

良く作物を見ていて、

自分なりにしっかりと考えて、

きちんと咀嚼しながら確実に前に進んでいくタイプで、

現在、彼女が持っている力も、

そうやって地道な努力で獲得してきたのだという事が

伝わってきます。

作業時間外や休日も、

常に農業、就農が視野に入れて行動していると言っても、

過言ではなく、一言で言えば、「優秀」です。

 

ですが、私達も、ようこちゃんに、まだ会ったばかり、

何も知らないですし、2年間の中で何があるかわかりません。

 

しっかりコミュニケーションを取り、

私達の過信や、ようこちゃんの無理しすぎ、などにも、

気をつけながら、一緒に前進していきたいと思います。

 

ビニールハウスの蛇を捕まえて、撫でながら

ニコニコと「かわいいです」と言ってたり、

麻衣子の普段のトークやしぐさがツボに入って、

突然笑いだしたり、ちょっと変わった人です。

 

ようこちゃん、元気はつらつで、笑顔で、頑張っていますので、

皆さん、どうぞ宜しくお願い致します!

 

 

| 研修 | 05:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
人参の芽

一宮の夏場の畑は、砂地のため乾燥激熱。
人参を発芽させるのが、とても難しい。
本番の8月は3回播くけれど、
毎日毎日水をやる。
他の野菜には一切やらないけれど、
人参には毎日やる。
そして水分が飛ばないよう、遮光ネットをかける。
結構な手間です。執念であります。
梅雨時を狙って種を播くと、水やりの手間ははぶけるけれど、
やはり遮光ネットで守ります。
だから見た目がひょろひょろだけれど、
これ、意外と大丈夫なのです。
順調に成長中。
これくらいの時の人参の葉っぱってかわいい。
線香花火みたい。

 

 

| | 09:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今日の朝ごはん

草太郎から、
「これ、毎日作って!」出ました。
うれしーうれしー

 

今日の朝ごはん
ゴーヤ天ぷらの餡かけ

 


朝からヘビーですけど、
昨日の仕込みの残りです。

| 食べもの | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ミュージックビデオ「さいのね IN DA FARM 」 ぜひご覧ください!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SNSなどでは先に、ご案内しておりましたが、

 

千葉県一宮の有機農家『さいのね畑』と、
ヒップホップバンドP.O.Pの上鈴木兄弟がコラボレーション!
ハッピーな農業ラップミュージックビデオが完成しました!

 

(経緯などはコチラコチラの日記から)

 

楽しい音楽と映像、ぜひ、ご覧ください!

 

そして、この場を借りて、製作チームの皆さん、

撮影に、ご協力してくださった皆様に、

心からのお礼を申し上げます!


-----------------------------------------------------------------------
『さいのね IN DA FARM』

作詞・ラップ:上鈴木タカヒロ&上鈴木伯周(P.O.P)

       +竹川英識(さいのね畑)
作曲・編曲・Gt・Synth・録音:安永季生
Bass : フルタナオキ
おとう、おかあ:竹川草太郎(さいのね畑)
コーラス:竹川麻衣子 滝田一馬 加茂宇宙 齋藤絢子 平間陽子 安永季生
セッティング:田村暁生 平間陽子 横瀬友亮

<出演>
竹川英識(さいのね畑)
竹川麻衣子(さいのね畑)
竹川草太郎(さいのね畑)
上鈴木タカヒロ&上鈴木伯周(P.O.P)
さいのね畑を支えてくださるみなさん

<スタッフ>
フードコーディネート:安田花織(ヤスダ屋)
撮影&監督:池辺政人(株式会社Xenomedia blend)
プロデューサー:森田哲生(株式会社Rockaku)
協力:株式会社Xenomedia blend/株式会社インダハウス/株式会社Rockaku
アシスタント:もそぶらそ(なつめ) 船木俊作(株式会社Rockaku) 

       中尾奈津子(株式会社Rockaku)

| art etc. | 11:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
7/16(土)「新農業人フェア」@東京国際フォーラムでお話します〜!

 

今週16日土曜日に、東京国際フォーラムで、

開催される「新農業人フェア」のトークショーコーナーで、

私、英識と妻、麻衣子がお話します。

 

11:30〜 と 14:00〜 の2回、

テーマは「ファミリーでする農業」です。

農業を仕事にしたいという人への第一歩となる情報や、
道筋が見つけられるフェアです。
農業が気になるが、どこから、何を始めたら良いかわからない方、
本気でマイクを奪い合う夫婦の姿が見たい方など、
私達のトークショー含めまして、ぜひ、ご来場ください!
| - | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今日の昼ごはん

台所にあった実のもの、全部入れました


今日の昼ごはん
夏野菜ぜんぶ煮と糠漬け

 


 

| 食べもの | 15:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ごーろごろごろ

海近畑に植えた地這いの瓜たち第一弾ができあがってきたよ。
かちわりカボチャ、金糸瓜、赤毛瓜、ごーろごろごろ。

 

 

 


実をひろっていると、
目の前の草陰から、
キジがバサバサーっと飛び立って行った。
メスだから、もしや?と思って、草かきわけてみると・・・

 


ありました、たまごです。
鶏よりは、ひとまわり小さいのね。
お母さん、邪魔してごめんよー

| | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
昨日の夜ごはん

最近一緒に台所に立ってくれるようになった草太郎。
野菜を洗ったり、へたをとったり、
自分なりに皿を洗ったり。
なかなか気が利いている。
糠漬けは彼の係。
1日半に一回きゅうりを取り替えること、
まだ10日くらいだけれど、続いています。
今まで子守役なしにはまともに食事が作れなかったので、
これは大躍進です。

 

 

昨日の夜ごはん
ジャガイモ ノーザンルビーとセロリの
ガーリック炒め

 


トマトと胡瓜とイカとバジルのマリネ

 


イカわたのバター醤油焼き

 

| 食べもの | 15:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                                                       
| 1/53PAGES | >>