CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
さいのね便り 1月号

あけましておめでとうございます!
このおたよりを書いているのは元旦で、
お正月気分を味わっていたいところではありますが、
仕事モードに切り替えです。

年末、私達夫婦は、26日いっぱぱいまでで仕事を納めて、
3人の研修生達と順番に交代という形でお休みをもらい、
私達家族は、箱根に旅行に行ってまいりました。
車中で1泊、旅館で1泊の小さな旅でしたが、
普段なかなか2泊以上で家を空けることができない仕事ですので、
とても良い気分転換になりました。
旅行中の夫婦のルールとして、
「仕事の話をしないこと」
というのがあるのですが、気をつけていても、

ふと思いついた今後の作付けの話など、気になることを、
互いに、話し始めてしまい、
「やめよう、やめよう」と修正することが
度々でした。話し続けていれば、
意見が分かれることも多々ありますので、
揉め事に繋がっていきます。
普段は、それも含めて仕事だということで、
諦めなければならないと割りきっっている部分もありますが、
たまの休みくらいは、
仕事の事で言い合いになる様なことだけは、
避けたいと思いながら、
危ない場面を何度かギリギリ回避ながら、楽しんできました。

年末のお休みより前、12月の半ばの話ですが、
東京の立川市にある「丸幸」というラーメン屋さんに食べにいってきました。
とても美味しいお店で20代前半の頃から就農する30代半ばまで、
頻繁に通っていたのですが、
年末いっぱいで閉店するということで、
最後に一度食べておきたいと、はるばる車を走らせました。
前回、食べに行ったのは5年くらい前だったかと思います。

安定、抜群の味で美味しくいただきましたが、
加えて青春の味というか場所というか、
飾らない狭い店内の様子は壁に、
吊り下げられたメニューの木札から雑誌や漫画の置き場所まで、
20年前から、まったく変わらない様子で、感慨深い思いになりました。

当時からずっとラーメンを作り続けていた店主も

店内にいらっしゃいましたが、だいぶ歳をとり、

体を悪くされたご様子で、厨房は若いスタッフ1人に任せて、
注文を取ったり、ラーメンを運んだり、

サポート側に回って働かれていました。
おそらくラーメン屋の店内に立つのも、
これが最後というところだったのだと思います。


さて、今回のおたよりで、この事を書かせていただいたのは、
今年のさいのね畑の抱負にも繋がる大切な事を、
先月のこのお店への訪問で感じたからです。

「美味しいラーメン」を何十年も、変わらぬ味でコツコツと作りつづけること。
小さなお店ですが、繁盛していましたので、
チェーン店化することや味を少し変えて効率化することもできたはずですが、
食券の自動販売機すら置かず、水は、お客がセルフで汲む仕組み、
大将とだれかしら1人の2名でお店を回し続けるスタイルを貫き通しました。
小さいお店だからこそ、
ラーメンの味から、個々のお客さんの様子まで、目が届く、
一番大切な「味」は抜群で、完成した以上、無駄にいじることもなく、
お客は、ほとんどが常連で、
「丸幸」の味、店の雰囲気を味わう感覚は、
家族に近い思いを持っていたはずです。

さいのね畑も、同じ精神を持ち続けていたいと思いました。

今年は独立新規就農10周年を迎え、
経歴的に有機農家の中でも中堅的な立ち居地になってくる中で、
今後の営農をどうしていくかという質問をいただく事も多いのですが、
そんな折には、経営の効率化や拡大、
「変化」を前提とした答えを求められている感がします。

ですが、
お互いに家族や親戚の延長の様な感覚で繋がっていることのできる、
お客様との密な関係を大切にできる現在の「小さいな規模感」
での営農をコツコツと続けていきたいと強く思います。

便利と効率の世の中で、「小さな生業」を継続する事の
難しさをヒシヒシと感じることも多いのですが、
小さいからこそ「手間」のこもった丁寧な関係を作れる、
そういった仕事が世界に残る隙間があっていいのではないか。

踏ん張って、なんとか、そこを担当していきたいと思います。

応援してくださるお客様あっての「小さな生業」。
便利さだけでは、他に負けてしまうことも多々あるかと思いますが、
大きなビジネスでは行き届かないところで満足していただける様に
頑張ります。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

これから葉物を中心に寒さで野菜の味がグイグイと乗り、

野菜は真冬が一番うまいと思ったりもします。
栽培の方は早くも夏野菜の種まきが始まります。

それでは、今月も美味しく召し上がっていただけます様に。









| さいのね便り | 15:42 | comments(0) | - | pookmark |
                                                       
| 1/1PAGES |