CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
旅立つ

この2週間一緒に畑に出てくれていたタカシくんと、
最終日に集合写真。

時間の感覚がぶっ飛んでいて、
自由でエネルギーの塊。
すごい生きてる。
仕事っぷりもお料理も、サイコーでした。
これからオーストラリアへ旅立ちます。
賑やかでかわいい人だったので、
居なくなるとさみしくなりますねー
感謝!

| 来訪者 | 01:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スズネちゃん


1週間のインターンシップを終え、
今朝旅立って行った、大阪の高校2年生スズネちゃん。

農業高校に通っていて、鶏や畑が大好き、
そこに特にゴチャゴチャと理由がなく、
ストレートで純粋、そして働き者。
とても新鮮だった。

まだ、こどもが少し大きくなったようなそんな感じで、
話しているととてもかわいらしいのに、
仕事は3分の2くらいの速さでずっとついてきた。
頼もしかった。

このところは初期の頃のように、 WOOFerさんなどと、
びっちり一緒に働くことはなくなってしまっていたけれど、
今回は随分一緒にやった。
いい時間が過ごせた。

将来、平飼い養鶏がやりたいそうだ。
どんな大人になっていくのかな。
| 来訪者 | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
畑にお客さま












いつも定期便で食べてくださっている、
あいみちゃんファミリーが畑にきてくださった。
アオイくんが、畑を見てみたいと言ってくれたそうで、
いつもの野菜が生きている姿を見てもらえて、とても嬉しかった。

甥っ子のさらくん小学3年生は、かなりの活躍!
いい仕事っぷりに感心してしまいました。


 
| 来訪者 | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
tocotocoさん

tocotocoさんの取材終了〜
さいのね畑元研修生あやこさんと、農業・子育て談義。
スタッフの方も女性ばかりで盛り上がりました。

ちょっと喋りすぎました。
掲載がたのしみです。

 

| 来訪者 | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アヤカちゃん

ウーファのアヤカちゃんが今日でおしまい。
シャキシャキしたよい子だったな〜
実家がご近所なので、きっとまたお会いできるはず。
また来てね。
最終日の夜、
「聞きそびれたことはない?」と尋ねたら、
「あの・・・まいこさんに聞きたいと思ってたんですけど、
昔ギャルだったんですか?」と。
違う。それは全然違う。

 

| 来訪者 | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
シェフ畑へ

11月12日(土)に開催の、
さいのね畑お客様向けの畑見学会&お食事会で、
お料理をしてくださるフレンチシェフの牧さんと、
奥様でパティシエのあいさんが、
当日のイメージをするために、
畑を見に来てくださいました。
空気を感じながら作っていただけるのは、
ほんとうにありがたいです。
場のことも、いろいろ提案していただいて、
わたしもわくわくが増してきました〜!
みなさんに喜んでいただけるよう、
いろいろと計画を立てています。
イベントの定員人数、まだ少し空きがあります。
どうぞお早めにお申し込みください。
シェフなのに頭にタオルが巻かれているのは、
新しいお店の準備中で、毎日トンカンやっているからであります。

 

| 来訪者 | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
のえちゃん

先週我が家に滞在していた、のえちゃん。
新宿の、さらにど真ん中で生まれ育った17歳、
こどもの頃から農業やりたかったんだって。
ウサギのこどもみたいにかわいい顔だけど、
しっかりしていて自然体で、よく働いてくれた。
集合写真送ってねと言ったのはわたしなのだけど、
現像して、綺麗な字のお手紙と一緒に送ってるとは!
じーん。
女性の農業との関わり、さーてどんな形がよいのやら。

 

| 来訪者 | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
佳奈ちゃんと
人気栄養管理師、フードコーディネーターの
北嶋佳奈ちゃんが5日間手伝いにきてくれました。



こちらはかなちゃんの最新本、
いただいちゃいました。



他にもレシピの本が、10冊?20冊?
沢山出ているのです。

流石にお料理がおいしい、そして手早いあっという間!



いいにおいもする可愛い女子なのに、
我ら肉体労働者とともに、夜明けから日暮れまでキッツイ農作業。
毎日よく頑張ってくれました。

書き残してくれたお手紙から、
気に入った箇所を、ちょっとだけ抜粋して載せさせてもらいます。

//////////////////////////////////////////////////////

正直「楽しい」よりも先に「しんどい!」と思いました・・・!
暑いし重いし、筋肉痛で虫まみれで
トリの臭いとか蚊にさされてかゆいとか・・・
とにかく東京で生活してたらまずありえない、
関わることのないようなコトがだくさんで。
でもあるところから、急に楽しくなってきたのです☆
やっぱり野菜を収穫したり、卵をとってきたり、
それらを食べたりするとすっごく感動しました。
とにかく野菜がおいしい。
たくさん動いてごはんがおいしいし、よく眠れました。
この感覚をたくさんの都会人に知ってもらいたいなー!
と思いました。

//////////////////////////////////////////////////////

なんとも率直な感想!うれしかったです。
自分のはじめての時も思い出し、
これぞ農作業体験の醍醐味だなと思いました。
普段の生活が遠い人ほど、来て欲しいなあ。

毎日働く食べる眠るの繰り返し。
汗をかく、雨に濡れる、風が吹く、
泥まみれになる、糞まみれになる、
同じ釜の飯を食う。
そして飲んだり飲まれたり。
いろいろな人との思い出が豊かにしてくれて、
疲れるけれど、生きてるなーと、
たまにじーんとすることがあります。

かなちゃんのブログです。
http://ameblo.jp/kanagohan15/
うちでの様子や、帰宅後頼んでくれた野菜の宅配便のことなども、
書いてくれています。
 
| 来訪者 | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
すぎのちゃんがやってきた
久松農園さんでの研修を終え、
春から宮崎で就農すべく旅立つ、すぎのちゃんが来てくれました。



すぎのちゃんには、
昨年随分随分お世話になったのです。

そう、昨年1月14日、忘れもしません。
さいのね畑は、30mビニールハウスが3棟、
大雪で全壊しました。
変わってしまった目の前の風景に愕然としました。
えぐられるような気持ち。
ハウス本体の損害、中で潰れた青々とした野菜、
復旧のため出荷休止しなければならず、
一晩の出来事で、うちにとっては大変な額が、吹っ飛びました。
気を抜けば倒れてしまうような気がしたので、
張りつめたままの数週間でした。
ありがたいことに、
沢山の方が代わる代わるに手伝いに来て下さったお蔭で、
作業は予定よりもずっとずっとはやく進み、
そして心があたたまりました。
励ましの電話やメールも嬉しく、
辛くても出なかった涙が、あたたかくて出ました。
大きくなったお腹をさすりながら、
風呂で泣いたことを思い出します。

先日の大雪で、各地で出た被害の映像、
見覚えのあるものです。
近くの農家がやられていたら、
少しでも、手伝ってあげて欲しいと思います。

すぎのちゃんは、ハウス倒壊の前日から、
我が家に滞在していました。
だから、私たち夫婦の重苦しいを共有してくれていました。
一度帰った後また追加で一週間来てもらい、
本当に助けてもらいました。
この穏やかなじいちゃんのような笑顔に、
どれだけ癒されたことか!
 
久々の再開に興奮したせいか、
それぞれが我を忘れた宴会になってしまいました・・・



名刺に踊る野楽人 って書いてあるじゃん、
踊れ〜!!!って言ってごめんね。
翌朝ゆうちゃんが、
「あれ、心躍るっていう意味だったらしいですよ」と言いました。
なんだ、それなら最初から言ってよー!

大きな大きな宮崎で、頑張ってね。
いつか畑にお邪魔できる日を楽しみにしています。
| 来訪者 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
山本さんがやってきた
シェフの山本さんが我が家に登場、
今回もご馳走を沢山作ってくださいました。
バレンタインということで、
ガトーショコラも!


それから、家庭のお料理がすーっとおいしくなる、
火の通し方や、包丁の使い方など目から鱗の技術、
またいろいろと教えてくださいました。





説明は仕組みがとても分かりやすいし、
近くで見る手の動きは本当に美しい。
わたしたちだけで教わるのは贅沢過ぎるなあと、いつも思います。
山本さんの熱血お料理教室、いつかここで、大きく開催したいです。
その時は皆様、是非いらして下さいね。

おいしいものだけじゃなく、
畑も沢山手伝ってくださいました。
トンネルかけにハウス作り、それから例の堆肥播き。



風が強かったせいですが、
かなり危険な装い。

最後の夜は畳屋さんが、
新鮮なサザエをどかっと下さったので、壺焼きに。


また日本酒に手が伸びてしまいました。

カモちゃんが言いました。
「なんだかんだで、こうやって、
みんなでワイワイ美味しいものを食べている時間って、
一番幸せですよね。」

山本さん、ありがとうございました!
 
| 来訪者 | 00:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                                                       
| 1/8PAGES | >>