CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
<< 木下晋展 「祈りの心」 | main | さいのね畑の「いもほり祭 」2012.11.4(日) 詳細発表です! >>
畑の野菜の移り変わり
朝夕は寒いです。

秋本番、美しい紅葉の時期もすぐそこまで来ています。


普段は勢いある旬の畑の様子をご紹介していますが、
たまには、終わりゆく野菜の姿もご覧いただこうかと思います。




キュウリは昨日、少々出荷して最後です。

老いて株の力がなくなってくると、
曲がったもの、虫食いの実が増えて、
花が咲いても実は、大きくならず、枯れていきます。




うちのトマトはもうだいぶ前に終わっています。

緑と赤と黄色の華やかな光景は、渋い茶色一色に。
あとは、片付けを待つばかり。




秋ナスの美味しい時期も、あとほんのわずか。
最後に、たっぷり、たっぷり、食べましょう。

ピーマン系は、霜が降りるまで、もうヒト踏ん張りしてくれます。

霜が降りれば、ピーク時には収穫が追いつかないほどに実をつけた夏野菜も、
いよいよ完全に終わりです。

今のさいのね畑の営農の流れの中では、
種採りをしてそれを翌年に播くことができている野菜は少ないのですが、
(わりと手間のかからない種類の野菜だけ種を採り、
 それ以外は、翌年、また新しい種を買って、播きます。)
本来のサイクルとしては、種を落とし、
また次の世代へ命を繋いでいくことになります。

雑草や虫と格闘しながら栽培管理した、夏野菜達。

食べ飽きるくらいに食べた頃に、その野菜の季節が終わる。
もうしばらく食べられないと思うと、
飽きたはずの野菜が愛おしくなって、最後に沢山食べて。

トマト、ナスも、ピーマンも、次に食べられるのは、来年の夏。

夏野菜さん達、本当にお世話になりました。

美味しい味と、収入をありがとう。また来年会いましょう!








そして、畑の旬は、秋の野菜に!

葉物がわんさか。

わさび菜、からし菜、ルッコラ、チカラ菜、ホウレン草、小松菜、
ターツァイ、のらぼう菜、春菊、京菜、その他もろもろ。
出来上がっているもの、これから、出来上がるもの、続々と。

しばらく食べていなかった、フレッシュな味。

サラダに、おひたし。食べまくるぞ〜。

カブも収穫が始まり、大根、ニンジンは、もうひといき。

イモ類にカボチャに新生姜に。
ネギも立派に成長して、いつでも収穫できます。

実りの秋がやってきました。


| | 07:27 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sainone.com/trackback/339
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/10/20 11:16 PM |