CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
<< たかが小松菜 | main | 苗づくり >>
ピヨピヨ
ヒヨコがやってきました。
総勢104羽。



岡崎おう斑という品種なので、真っ黒。
かっわいいなー
とくにお尻。
昨日卵から孵ったばかりの子たちです。
いつも長野から宅急便で送ってもらっています。
怪我などしないよう、
小さなダンボール箱に、
饅頭みたいにぎゅうぎゅうになって届きます。
養鶏をはじめて6年目になりますが、
今回初めて冬の雛導入。
生まれたての雛の適温は、32度。
冬の飼育はとても難しいのですが、
産卵のサイクル上やむを得ず、挑戦することにしました。
とても緊張しています。
寒さで体が弱って死んでしまったり、
また、お互いの体温で暖めあおうと体を寄せ合い、
結果下敷きになり圧死など、簡単に簡単に起こってしまいます。
それを避けるため、
今まで使っていた春夏用とは違う、
スーパーヒヨコハウスを製作しました。
試行錯誤の結果、なかなかいいハウスができたと思っています。
でも安心はできませんから、
今夜は3時間おきに、様子をうかがいに起きる予定です。
産後乳をあげていた頃を思い出せば、
へっちゃらだい!
ちなみにヒヨコハウスに電力を持っていかれるので、
我が家は今夜から、こたつや電気カーペットは全面禁止です。
寒い・・・

そして本日3日目。



全員生存しております。
ここを越えれば、ひと安心です。
エサやりは、草太郎と一緒にすることにしました。
なかなか頼もしいです。




 
| 養鶏 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック