CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
<< 今日の昼ごはん | main | 筑波山 >>
新研修生、大木一真君のご紹介です!

 

7月1日より、研修生、大木一真(オオキカズマ)君が、

さいのね畑の新メンバーとして加入しました。

 

知り合ったキッカケは、1日農業体験に来てくれた事です。

就農を考え始め、情報収集が始まったばかりの段階でした。

その後、鶏の解体ワークショップに参加してくれたりしたのですが、

それから、衝撃の展開に。。

 

フェイスブックで繋がり、なんの気なしに、

一真君のプロフィールを見ると、なんと!!!

「桐朋中学・高校出身、早稲田大学卒」と書いてありました。

私、英識の中学、高校の後輩だったのです。

私は中退していますが、大学も一緒。

大好きな母校、桐朋ではありますが、

あの学校から農業を志すに至る人は、なかなかいないはず。

これはもの凄い縁かもしれないと、

びっくりして、すぐにメッセージを送り、

自分も桐朋出身である事を伝えて、一度ゆっくり飲もうと、

改めて我が家に招きました。

 

2人ともに知る桐朋の先生達の話や

小学校時代に通っていたTAPという塾まで一緒だったこと、

立川に住んでいた事があることなど、

共通点が多すぎる話を沢山した後、

「これもなにかの縁かもしれない、

これから良く考え、もし一真君が志望する農業のスタイルが、

少量多品目の有機農業になった場合は、

ぜひ、自分が教えたいので、さいのね畑で研修して欲しい。」

とお誘いをしました。

 

数ヶ月後に、連絡をもらい、この度の研修が決定しました。

 

1年間の研修の後、独立新規就農を目指します。

年齢は35歳、奥さんと1歳の娘さんの3人家族で、

ご近所、長生村に引っ越してきて、通いの研修です。

 

就農地はお兄さんが暮らす茨城県の筑波市なども念頭に、

研修期間を通して、関東圏内で探していきます。

 

学校の後輩だからといって特別扱いをしたりはしませんが、

知り合えたご縁を楽しみながら、

一真君がしっかり知識や技術を身につけ、良いスタートがきれる様に、

1年間、一緒に頑張ります。

 

皆様どうぞ宜しくお願い致します!

 

 

| 研修 | 12:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sainone.com/trackback/774
トラックバック