CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
<< 「RE住むマガジン」life spice | main | しあわせなディナー >>
中南米11カ国からのお客様達

 

先日5月26日、JICA主催の研修の一環として中南米11カ国から、

農村生活の改善や女性活躍推進等に携わる行政関係の方達が、

さいのね畑を視察に来てくれていました。

コスタリカ、ドミニカ、エルサルバドル、グアマテラ、
ホンジュラス、メキシコ、ニカラグア、パナマ、コロンビア、
パラグアイ、ペルーからのお客様達。
当日朝になって世界地図を引っ張り出し場所を確認しました。

 

あいにくの雨でしたが、畑を見ていただいり、

一緒に昼食を食べてお話をしたり。

 

皆さん、陽気で楽しい時間でした!集合写真の掛け声は、

サケ!テキーラ!など。

 

 

圃場の見学会では、

ジャガイモなどご自身で野菜を作っていらっしゃる方もいて、

「種イモ1kgあたりの収量は?」と質問をいただくなど、

栽培についても細かい話になりました。

 

 

研修のテーマは「農村の生活改善」でしたので、

都市部から田舎に引っ越しての生活の変化を、

「改善」された点を軸にお話させていただきました。

農業に憧れて敢えて自ら進んで非農家から農家になった私達の話は、

各国の皆さんにとっても興味深いものだった様です。

 

我先にと積極的に質問、発言される姿が印象的でした。

 

 

最後にサプライズで各国のお土産をいただき、大感激。

その後、保育園から帰ってきた草太郎も含めてジャンケンで、

それぞれ、好きなものをもらうことになりました。

私は草履のキーホルダー。鍵につけていますよ。

 

短い時間だったのに、とても濃密な交流になり、

帰りのバスを見送る際には、涙が出そうになりました。

再会が難しいのがわかっていたからでしょうか。

 

でも、いつか南米に旅行にいける余裕を持てるまで、

農業を頑張って、皆さんに会いに行きたいと心から思いました。

 

皆さん、また、いつかお会いできる日を楽しみにしています。

来てくださって、ありがとうございました!

 

| イベント | 13:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sainone.com/trackback/775
トラックバック