CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
<< 8年目 | main |
麻布学園お料理研究部ご一行様
しばらく前、7月の末に、「麻布学園お料理研究部」ご一行様が、
農業体験に来てくれました。
麻布学園といえば、いわずとしれた、中高一貫の男子校の
日本でもトップクラスの進学校です。
それでいて自由な校風が有名で私服、
茶髪もスカートも、なんでもありだうそです。
生徒さん達が自主的に計画する夏休みの合宿の一環として、
さいのね畑の農業体験を選んでくれました。
メールや電話で企画のやりとりさせてもらった、
高校2年生で部長の飯沼君は、
私も恐縮してしまうくらい、
しっかりしたビジネスマナーに則った言葉使い。
若手の敏腕営業マンと応対している様でした。
さすがです。
中1から高2までの生徒さんに顧問の先生2名を加えて、
総勢13名様。

 

今回のためにお揃いの麦藁帽子を用意してきました。

えーい、畑まで、短い距離だ。2台の軽トラで運んじゃいました。

農家に来たら、やっぱ、これだよね。

 

真夏の炎天下の下、ジャガイモ堀り。

 

 

とったどー!!

 

 

汗だくで、家に戻ってきた後は、男だらけのお料理大会。

さいのね畑の野菜をたっぷり使って、

メニューは、キーマカレー、人参のしりしり、

ゴーヤと空芯菜のチャンプルーの3種。

 

 

上級生が下級生に包丁の使い方を優しく丁寧に教えます。

さすがに上級生は上手です。

 

 

火おこしも、珍しい体験だったらしく、

どうやったら炭に上手く火がつくか、試行錯誤が楽しそう。

 

 

 

だいぶ時間がかかって1時くらいの予定が3時近くになっての、

いただきます!

体を動かした後、自分達で作ったご飯が美味しくないはずがない。

みんな、沢山食べました。

 

 

食後に、畑や鶏舎の見学会。ヒヨコも来たばかりでした。
私、英識も研修生の一真君も中高一貫の男子校出身。
かつての自分達を見ている様な懐かしさ。
中1の生徒さんなんかは、まだ子供の様で、
息子、草太郎もあっという間に、
これくらいのお兄さんになるんだろうな。
高2の生徒さん達は、この合宿を最後に引退だそうで、
さいのね畑がフィニッシュだったそう。
やりきりました!との弁。
これから受験勉強に集中です。
青春だなあ。。。
優秀な若者達が夏休みに自分達で選んで、農業体験。
なんか未来への希望を感じてしまいました。
まかり間違って、将来農業の道に進む人が出てきたりして。
農政をバリバリ良い方向へ進めてくれる人材もいいな。
麻布学園お料理研究部ご一行様、来訪、ありがとうございました!
私達もフレッシュな気持ちになり嬉しく、楽しかったです。
皆さんの、これからの輝かしい未来を願っています。
| イベント | 16:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sainone.com/trackback/786
トラックバック