CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
山本さんがやってきた
シェフの山本さんが我が家に登場、
今回もご馳走を沢山作ってくださいました。
バレンタインということで、
ガトーショコラも!


それから、家庭のお料理がすーっとおいしくなる、
火の通し方や、包丁の使い方など目から鱗の技術、
またいろいろと教えてくださいました。





説明は仕組みがとても分かりやすいし、
近くで見る手の動きは本当に美しい。
わたしたちだけで教わるのは贅沢過ぎるなあと、いつも思います。
山本さんの熱血お料理教室、いつかここで、大きく開催したいです。
その時は皆様、是非いらして下さいね。

おいしいものだけじゃなく、
畑も沢山手伝ってくださいました。
トンネルかけにハウス作り、それから例の堆肥播き。



風が強かったせいですが、
かなり危険な装い。

最後の夜は畳屋さんが、
新鮮なサザエをどかっと下さったので、壺焼きに。


また日本酒に手が伸びてしまいました。

カモちゃんが言いました。
「なんだかんだで、こうやって、
みんなでワイワイ美味しいものを食べている時間って、
一番幸せですよね。」

山本さん、ありがとうございました!
 
| 来訪者 | 00:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
師走のお客さま
いろいろな方に来ていただいた茂木の家ですが、
これで最後のお客様かなあと思うと感慨深いです。


 
ひだりは宇治野さん

宇治野さんとの出会いは今年の5月、
ウーファーさんとして来てくださいました。
ちょうど父と同い年、ちょっと緊張してお迎えしたのですが、
するりするりとお酒が入るごとに意気投合。
そして翌日、いつもどおりに畑へ出ると、
突然の陣痛がやってきて、急遽解散。
草太郎が生まれてきたのです。
なんとも思い出深い日になりました。

9月にも、お手伝いに来て下さる予定になっていました。
しかしなんとその日は、あの大雨で土砂崩れ。
車で避難途中に、すみません中止で!と、ご連絡。
 
「わたしが行くと、なにかまた起こるのでは・・・と心配しております」
という冗談もありましたが、今回は何事もありませんでした。

おいしいものや楽しいことを沢山知っていて、
さらにその語り口が素晴らしいので、
宇治野さんとお話をしていると、
なんだか人生がチョーーー素晴らしいもののように感じてしまいます。
口癖は、「最高でしょう~」です。
「遠く続く銀河を思えば、なんてちっぽけなこと」と聞くと元気が出ます。
 
一番右はアサちゃん
アサちゃんには、はじめた頃からいろんな場面で助けてもらっています。
今回もビニールハウス解体や出荷作業など、
いつもいつも、本当にありがとうございます。

わたしの隣はお馴染みカモちゃんですが・・・
なんとカモちゃん、おとつい入籍しました!
いつもに増して、絶好調!!!

こちらはこの土日に来て下さったタカコさん(右)



先日の農業人フェアでブースに来て下さったのがきっかけ。
農業をやりたいと思う動機などが、
わたしが東京にいた頃の気持ちと似ていて、
こころが熱くなりました。
もう引っ越し直前なので、
家事や荷造りばかりやっていただいちゃいました、
次は緑あふれる畑に、是非。
 
| 来訪者 | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今月助けてくださったみなさま



真ん中は、くどうちゃん。
忙しい中、なんと山形からやってきてくれました。
涙が出ちゃいそうです。
左は、くどうちゃんの、中学校からの親友、ユウジくん。
二人で、がっしがし、ハウスの修復を進めてくれました。
感謝!



右は、おくつくん、横浜より。
去年ウーファーさんとして来てくれたのが出会いでしたが、
心配して、また助けに来てくれました。
ハウス修復から、出荷、
そしてあれです、ゴボウ掘りまで!



ゴボウを人力で掘るのは、
とてもとても、とても!骨が折れる仕事なのです。
それを、朝から晩までやってくれたおくつくん、
本当にありがとう。

それから左から、
はるちゃん、シンコさん、くぼきくんファミリー。お隣、市貝町から。
夏野菜の種播きなどしていただきました。
忙しさに飲み込まれ、母親学級的なものに参加もしておらず、
妊婦仲間がひとりもいなかったので、
出産したばかりのシンコさんとお知り合いになれて、嬉しい限り。

じつは私、妊婦なのです。
ついに8ヶ月に突入!
お腹は飛び出てきて、ヒーヒー言っておりますが、
我ながら、よくやっていると思います。
中身は順調のよう、ちなみに男の子だそうです。
夫のようにキカンボーになりやしないかと、今から少々心配であります。

そうそう今日、病院に検診にいった帰り、
タイ料理の食材屋さんを見つけたので、ヤッターと思い、
いろいろと買い込みました。
タイ人の店員さんに、
ベトナム人と間違えられました。
フィリピン人や、インドネシア人とも、たまに間違えられます。
そんなに顔が濃いでしょうか、
ちょっと黒くなり過ぎたかな?

さて、戻りまして、



左から、広木さん、杉村くん、いとうくん。
3棟目の潰れたハウスの屋根を、棒でグイッと上げてもらいました。
形はベコベコですが、これであと何年か使えそうです。
とてもありがたいです。

杉村くんは、烏山でひとり農業やっています。
いとうくんは、今春宇都宮で就農予定。
楽しみですねー
大根や人参の種播きも手伝っていただきました。

ハウス倒壊の余波はまだ終わっていませんが、
いろいろな出会いもあり、

なんだか、逆に幸福であります!



| 来訪者 | 03:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
復旧作業前半戦
ハウス倒壊後、皆様に助けられました。

おかげ様で、昨日、緊急を要した育苗ハウスが復旧完了。
春夏野菜の苗が作れるようになりました。

残りのハウスを作りながら出荷も再開させていただきます。

作業に力を貸してくださった方々、
あたたかいメッセージ、連絡をくださった方、
陰ながら応援してくださった方、皆様、本当にありがとうございました。

残り2棟の復旧作業、遅れている農作業等、
引き続き、力を貸してくださる方、お待ちしております。
宜しくお願い致します。

以下、復旧作業前半戦、手伝ってくださった方です。
作業の進行はもちろん、
皆さんとすごした時間が楽しくて元気をいただきました。

写真がないのですが、
種まきを手伝ってくれたヤヨイちゃん、
風に煽られる屋根を見て手伝いに来てくれたお隣のトシコさん、
ありがとうございました!





 


いちはやく駆けつけてくれたワディー、ご近所、野原さん、
ありがとうございました。




スギ、みなちゃん、ありがとう!




ヒロキさん、部材の手配、運搬、対策のアドバイス、ありがとうございました!




就農志望のカモちゃん、杉野君、ウーファーさんのキホちゃん、
合宿みたいでしたね。ありがとうございました。





cayのジュンペイ君。取り立ての免許でかけつけてくれました。
イベントの話などもできて、熱くなりました。
ありがとうございました。




中高男子校の仲間、原嶋、岩崎、太陽、片山、
あの頃のままの時間。楽しかったよ。
強風の中、機転のきくみんなのおかげで屋根も無事に貼れました。
ありがとう!

さいのね畑は、支えられっぱなしです。
ご恩はけっして忘れません。
今は何もお返しできませんが、頑張って、野菜を作り続けます。

ありがとうございました!

| 来訪者 | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ナカザワ家
 

先週のことですが、ナカザワ家の皆さんが遊びにきてくれました。

昨年の夏に来てくれる計画まで立っていたのですが、
予定の前日に我が家の床が落ちた関係で中止になってしまい、
1年越しの実現になりました。

ナカザワは、中高時代の友人で、中1、高2、高3では、同じクラス。
高2の時には、
桐朋祭という文化祭の実行委員として一緒にアツくなった仲間です。

頭が良くて、温厚で、優しくて、律儀で。できたやつなんだよな〜。

理想のパパぶりを見て、
妻は、「こんな感じの人が本当にいるんだね〜。」と感想。
私の友人は、どこかがヌケオチている人が多くて、
いつもは、そういう方を見ておりますので、
こんな感想が出たのか。。。(失礼)

奥さんのマイさんとは小学校の以来の仲だそうで、

小学校のときに好きだった女子と将来結婚するというのは、
中高6年男子校の私達にとっては、
「誰もが一度は想像する黄金の夢」を実現させた、
奇跡のパターンと言えるでしょう。
さすが、ナカザワ。

長男カイ君は、「バッタ」が気になるお年頃。
うちの敷地には沢山の雑草が元気に育っていますから、
「バッタ」も沢山。
虫取り網で一緒にバッタ捕り。
「ねえ、オジサン、もう一回バッタ捕りにいかない?」
と再三のアンコールの末、
イナゴ、キリギリス、ショウリョウバッタ、
そして、最後には念願のトノサマバッタまで捕まえて、
虫かごに入りきれないくらいに詰め込んで、お持ち帰りでした。
そのバッタ達がどうなったかは、
このオジサンにも子供の頃の経験がありますから、
だいたいの想像がつきますけどね。

長女のサラちゃんは、しっかりもので、
「こんにちは」「お世話になりました。ありがとうございました。」と、
丁寧にご挨拶してくれましたよ〜。

次男コウ君は兄姉に鍛えられてか、いつもニコニコ、大物の予感。

夜のバーベキューと朝のプチ収穫体験。

ナカザワとは沢山のビールと日本酒を飲んでしまい、
私のトークにも勢いがつきすぎました。
でも、いろいろ話せてよかった。
昨年は一週間の夏休みの全てを使って、
石巻で泥さらいのボランティアをしてきたそう。
今も現役ラガーマン。
朝の5時に起きて、深夜まで、働き。
頑張っているな〜。

ナカザワが、「毎年来ようかな。」って言ってくれたのが、凄く嬉しかった。

ナカザワを、「ほめほめ」になってしまいましたが、
知っている人なら、わかるはず、
あの頃そのままのナカザワが大人になってそこにいました。

ナカザワ家の皆様、ありがとう!また来てね〜!

| 来訪者 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
6月に来てくれた方達
 いやあ、暑いですね!真昼の作業が体力を根こそぎ奪い取っていきます。

梅雨明けたのでしょうか?

6月にさいのね畑に来てくださった方の事を書いておりませんでしたので、
月を跨いでしまいましたが、ご紹介させてください。




6月第2週目の週末。

早稲田大学国際教育学部の阿古先生のゼミのゼミ旅行で、
さいのね畑に来てくださった先生と息子さん、学生さん達です。

中国や台湾からの留学生の方がほとんどで、
日本語も上手なのですが、皆さんの会話はほとんど中国語でした。

宿泊棟で、自炊の宴会のち、
翌日は、畑の見学と、農作業体験、から益子の散策へと、
タイトなスケジュールのツアーでしたが楽しんでいただけましたでしょうか?

何を話しているのかわかりませんでしたが、
他愛もないことで、はしゃいただり、笑ったり、
どこの国でも、若い人達のノリは変わらぬものだと、思うと同時に、
私達のコミュニケーション能力も高めて、
有機農業の魅力など、、もっと伝えられればなどと、
私達も勉強になりました。

阿古先生、学生の皆さん、ありがとうございました。





翌週2泊3日のウーファーさんで来てくれたユミコちゃん。

台風の予報もあった中、滞在期間はほぼ晴天に恵まれまして、
定植作業、誘引、育苗ハウスの片付けなど、
テキパキとこなしてくれました。



ユミコちゃん、職業が助産婦さん。

妊娠中で出産間近、たいぶナーバスになっていた
ニャーチがユミコちゃんに近づいていき、
お腹を見せてリラックス、身を任せていました。

プロは猫の妊婦とも気持ちが通じ合うものかと、感心致しました。

ユミコちゃんの帰った数日後、
ニャーチは、無事に5匹の赤ちゃんを出産。

玄関の土間のブルーシートの中で、子育て、授乳中です。

ユミコちゃんとは、また、東京などでも、再会できそう。

これからも宜しくお願いします!





最終の週末には、中学、高校時代の「ご学友」、
梅本のご一家と、片山夫妻が日帰りツアーで、来てくれました。

梅本は、3人の娘さんのお父さん。
(写真の梅本の隣は奥さんのマリさんですよ。
赤ちゃんが写真の外、乳母車にいます。)

あの頃は想像もしなかった家族の風景です。

7月からは4年間のメキシコ赴任ということで、
再会も約10年ぶりだったのに、また、しばらく会えないのか、
といった感じですが、

歳をとるごとに、なぜが時間が経つのがどんどん早くなる。
きっと、4年間は、あっという間なのでしょう。

次は飲みましょう〜!




「片山は、若い奥さんをもらってアツアツなんだよ。」
という梅本の言葉どおり、
片山とハルナさんは、
新婚をさかのぼり恋人みたいな感じのお2人でした。

片山の「笑いのツボ」的なところが、
高校時代と変わっていないのが一瞬で伝わってきて、
嬉しかったです。
短い時間でしたので、私の方も、
まじめに畑の説明などもしなければいけなかったのですが、
できれば、ずっとふざけていたかったです。

次は、ごゆっくり、来てくださいね。




最後に男子、3ショット!

「あの頃」が、一瞬で戻ってきて、
また一瞬で去っていった、そんな、
楽しく、少しだけ切ない1日でした。

今回、来れれば一緒にと言って都合のつかなかった
原嶋も、待っていますよ〜、来てね〜。



| 来訪者 | 13:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大阪から来たぜぇ〜。わいるどだろ〜?



先週来てくれたウーファーさんは、ワイルドでしたよ〜。

ヤマグチマイちゃん、25歳、女性、坊主頭。

1年半かけてのバイクでの日本一周の旅の途中。

十代の頃から続けていた調理の仕事に、いったん、休止符をうち、
今しかないと、地元大阪を、盗んだバイク、もとい、もらったバイクで出発。

旅の宿泊地は、
以前ピースボートに乗っていた時に知り合った人を中心に
日本全国にいる友達の家、
ウーフ、そして、バイクの荷台に括りつけてある小さなテントでの野宿。

旅のスタートから1ヶ月目の記念日を、さいのね畑で迎えました。





4泊で、ハウスの修理や、収穫、出荷作業など手伝っていただきました。

食事の時間などは、私とは一回り歳の違うマイちゃんが
どんなことを考えているのか、いろいろ聞かせてもらいました。

勉強が嫌いだから、高校を出て、すぐに職につき、
今までずっと、働いてきたが、仕事に対してはいつも前向きであった話。

調理の仕事をしていた経験からも食材のあり方を含めた食の事、
世界に存在する飢餓の話、原発の話、
世の中に矛盾を感じながらも、
今後の自分の職業を含めた生き方をどこに見出していくのか、
旅を通した得た見聞や人との繋がりを生かしながら探していこうと、
そんな旅でもあるようです。

震災後にボランティアで訪れた宮城やその他の被災地を、
今回は自分自身の楽しみである旅の道中として通る事への葛藤、
そういった話も聞かせてもらいました。

気になったことは調べ、真剣に考えて、行動する姿、たくましく見えました。

まさに、それが、勉強。学校では教えてくれないこと。

こうした若者が葛藤の中でも、人生をハツラツと生きること、その事自体が、
きっと世界を素敵にするに違いないと、元気ももらいましたよ。

しかし、この期間、普段、うちの妻をマイちゃんと呼んでいるので、
ウーファーのマイちゃんをマイちゃんと呼び、
妻のマイちゃんをマイコさんと呼ぶことに決めたのですが、
混乱して、私のテンションが調子っぱずれになってしまいました。

「いや、そっちのマイちゃんじゃなくて、こっちのマイちゃんじゃなくて、
マイコさん、そこのハサミとっていただけますか?」????みたいな。

マイちゃん、ありがとう!
(ウーファーのマイちゃんね、あっ、うちのマイコさんも。)

まだまだ旅は、始まったばかり、
思いっきり楽しんでくださいね〜。頑張って!

こちらからは、なかなか動けない仕事柄ですので、
ウーファーさんが来て、いろいろ話を聞かせてくれる事、すごく楽しいです。

ウーファーさん、お待ちしています〜。

| 来訪者 | 01:06 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
近頃、雨や雷が多いですけれども
ジャガイモ畑は花ざかりです。



インカのめざめ、



シャドークイーン、



キタアカリ、



アンデスレッド。



品種により、色や形が少しづつ違います。
うーん、どれも魅力的!

果菜類の定植も、やっとひと通り終わりました。

こちらはトマト、



お星のような花。



実も付きはじめましたよ。

 

キュウリにも、



生まれたての実が!



茄子も安定してきました。



丸ズッキーニも、とれはじめましたよ。



そしてこちらは、青山ケンタくん。



5月に来てくれたウーファーさんです。
農大の学生さんで、さらに農家さんでのアルバイト暦も3年。
かなり手際よく苗を植えてくれ、大変助かりました。
卒業後はアフリカに渡り、
貧困に苦しむ地域を農業で助けたいとのこと。
堂々としていて、はつらつとしていて、
とてもしっかりとした20歳の青年でした。

自分の20歳の時を思い出すと・・・
あら、お恥ずかしい。

そんなわたしも、今週33歳となりました。
誕生日当日の嬉しかったことは、
一番大好きな野菜であるスナックえんどうが、
今年一番大量に収穫できたことです。



ああ、おいしかった。




そうそう、今年は陸稲を作っています。
もち米です。
お餅をついて、冬の宅配に入れさせていただこうと思っています。

先日播いたばかりなので、
まだ頼りない大きさです。



立派に育ちますように・・・・・



| 来訪者 | 02:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
GW後半戦
ゴールデンウィークも終わりましたね。

さいのね畑の後半戦のご報告です。

訪れてくださった方々の順番に合わせて。



3日のお昼からは、クドーちゃんとさっちゃん
山形県より、はるばる車で、日本酒と共に。
秋の益子陶器市以来で今回も春の陶器市に合わせて、ご一泊。
もはや、親戚が来たかのような安心感。
クドーちゃんのアメフト仕込のパワーをあてにして、
力仕事を用意して待っていましたが、
生憎の雨で、鉢上げ作業。
作業も手慣れたもの。
そして、この日スペシャルな発表が。
そう、お二人、ご結婚です!
帰宅後の5月5日に入籍すると、ご報告をいただきました。
今頃は、もう夫婦になっているのですね。
おめでとう!!!末永くお幸せに。




鮫島君と高田君!

2人は妻の大学時代のお友達。
学生時代に一緒に展示をしたりした仲だそうです。

鮫島君はフリーでアニメーションの仕事をされていて、
ジブリの映画の背景を描いたり。

高田君は美術の先生を目指しながら、
今は、大学の職員をされています。

日帰りツアーで初さいのね畑です。
レタスやキャベツの定植作業などを体験していただきました。

ありがとう!ぜひ、今度はごゆっくり、泊まってってくださいね。



やはり妻の大学時代の仲間繋がりの
ユキノちゃんと旦那さんのイシバシ君はお昼ご飯だけの参加でした。

集合写真の左から2番目は、
3泊4日のウーファーさんのヒロコさん。
笑顔が素敵です。
本当に一生懸命働いてくれました。
畑から家事まで。
もう休んで下さいと言っても、いろいろ、仕事を見つけて。
感謝がつきません!!!




小野更生麗(サオラ)ちゃん。
5月6日にいらっしゃいました。
かれこれ12〜13年前でしょうか。
私がDJをしていたOVAというパーティーやSHeLTeRというクラブ等で、
人形作家の彼女が作品を展示されていた、
そんな繋がり以来のお友達です。
最近はお会いする機会も減っていましたが、
今月から1年間、沖縄で働く予定で、職場に畑もあるということで、
ひとまず、さいのね畑で農作業体験。
カバンの中には川口由一さんの自然農の本。



サオラさんの親友夫婦。ナカジマ夫妻。
ご夫婦は宇都宮在住です。

3名様には、キュウリとゴーヤの定植をしていただきました。

午後もなにか作業していただく予定でしたが、
突然の雷雨で、お昼ご飯までで解散となりました。

この日は妻がイベントでの出店にでかけていたため、
私とヒロミさんでのお迎えでした。

妻も皆さんに会いたがっていました。

ありがとうございました。また来てくださいね!

その後、御一行は、益子の陶器市に向かわれましたが、
市は、当日の竜巻による被害や停電で、中止状態だったそうです。
今回の竜巻、私達の家や畑は無事でしたが、
町内や隣町で被害が大きかったようです。
自然の力は強大です。




この度6月に新規で立ち上がる朝日工業蠅猟免離汽ぅ Vege Garden に、
さいのね畑も出品させていただく予定です。

担当の敏腕営業マンも田中氏、24歳、栃木県出身。

この日は、畑と農作業風景の撮影という事でしたが、
こちらからも、逆撮影。
我々も「笑顔でお願いします。」とのリクエストを受けたので、
こちらからも田中氏に対して「笑顔でお願いします。」、返し。
そう言われると緊張しますね。
でも、いい笑顔、いただきました!

お世話になりますが、宜しくお願い致します。


GW後半戦も、いろいろな方に来ていただきまして、
賑やかな日々となりました。

皆様、本当にありがとうございました!

最後に少々、畑の写真です。



サラダ系の葉物類、
前作と少し、間があいてしまいましたが、
やっと出来上がってきました!
今がまさに食べ頃です。



GW前半戦の日記でも、ご紹介したスナックエンドウ。
グイっと伸びて、花も咲き始めました。

農繁期です。

忙しい、忙しい、ああ忙しい。

頑張るぞ〜!!

| 来訪者 | 01:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
GW前半戦
 



花のゴールデンウィークです。
といっても私達はお休みしているわけにはいきませので、
みんなで楽しく農作業!!

写真は短形自然薯の植え付け作業です。
今年初めて作りますが、上手にできれば、
冬場の「さいのねセット」に色を添えてくれるはずです。
初年度なので、まずは100株からスタートします。

この日は里芋の植え付けも。
品種を昨年の石川早生から土垂(ドダレ)に全取替え。
石川早生も美味しかったのですが、
土垂の保存性に期待です。
今期試して、比べて、来期に絞る計画です。
どちらか1種か2種混合か。
株数は昨年の1000株から敢えて500株に縮小。
土寄せの回数を増やすなど、手の回せる規模で丁寧に栽培して、
保存性と合わせて歩留まりの向上を目指します。
それと、冬場のセット、
この冬は、毎回里芋を入れさせていただきましたが、
バラエティー性アップの為に、里芋を減らして、
自らを追い込むという目的も。

なんでも沢山作ってみたいという気持ちもありますが、
今期は身の丈にあった営農で、丁寧に実力を養いたいとも考えています。




これまた、同じ日に生姜の植え付け。
昨年の近江生姜(大ショウガ)から三州白芽生姜(小ショウガ)へ品種変更。
こちらも、こちらも保存性の向上がねらい。
300株。
写真は種生姜。

5人で作業すると、ここまでやって焦らずに半日。
ヒロキさんとこの大型農業機械見学と、
秘密の展望台での夕日鑑賞までのツアーでした。



そんでもって、夜は庭で焚き火会。

勝浦のオジさん、オバさんから届いた海産物などでの
バーベキューと、
ポノポノ農園のノヤケンから大量にもっらたウドを、
その場で天麩羅にして。。

呑む、呑む、呑む。。。

あいかわらず、私は逝くとこまで、逝かしていただきまして。。




翌日は、いよいよトマトの定植です。

アイコ、イエローアイコ、シンディースイート、
サンマルツァーノ、ブラックチェエリー、ホワイトチェリー、
グリーンゼブラ、
第1弾で計120株。

少しずらして、全く同じ展開で第2弾を予定。

去年は全て一度に植えましたが、
今年はずらしてみます。
収穫期も、上手にずれてくれるといいのですが、
こちらも乞うご期待といったところです。

夏野菜を畑に定植するのは、さあいくぜ!って感じで、
テンション、アゲアゲです。




畑の近況。

上はジャガイモ。目下、こんな感じです。
気温があがらず、発芽がおくれましたが、なんとか出ました。

発芽の遅れで雑草がすでにチョロチョロ。

「もう少し伸びたら、一網打尽にぶっ潰してやるから、待ってな。
それが、怖いなら、いっそ出てこない方がいいぞ。」
と脅しをかけてみても、出てくるのです。

潰されるのじゃないかと、脅えているのは、実は、私の方です。




スナックエンドウは、この程度。
写真から数日でもう少し伸びてますが、と、
虚勢を張ってみても。。。遅れています!
寒さのせいもありますが、
秋の播種をあと2週間早めていたら?
来期に生かします。




タマネギ。
成長、心配。






ニンニク。いたって順調。


タマネギ、ニンニク、このあたりは、結局、最後の肥大が勝負です。
といっても、あとは、天候しだい。待つだけかな。




最後にGW前半のメンバーご紹介。

前方中央
一週間コースのジュリちゃん、小柄でもパワーあり。
就農希望です。女性一人農業も辞さない覚悟。
たいへんだぞ〜。頑張って!

前方右手。
3泊4日でイガラシさん。
普段ITメン。休みのたびに日本各地から海外まで訪れ農作業。
作業も起床や就寝も、キッチリこなす、ナイスガイ。
今度は、ぜひ、薪割りに来てください。

後方右手
2泊3日。ツダッチ。
ホンダのカブで登場。
今回、最若手の28歳。
私なんかより、よっぽど、しっかりしていますが、
少しお調子者のところなどは、以前の(今もか?)私を見ている様。
こちらも将来、就農か農的生活を希望。
鍬一本の自然農から、大型機械の性能まで、何でも気になってしまうお年頃。
いろいろ見て、自分のスタイルでノビノビと!

前方左、後方左
常駐。凸凹夫婦。

以上のメンバーで戦いました。

上記の作業以外にも、鉢上げや草取り、
ジュリちゃんは収穫出荷まで、盛り沢山で奮闘してくれました。

3人は、皆、ウーファーさんで、別々のところから。
初対面で、寝食を共にし、農作業。
不思議なご縁です。
本当にありがとうございました。
それぞれの道がありますが、機会あれば、ぜひ、またいらっしゃてください。

本日は久々に夫婦2人。

明日からは、また、いろいろなメンバーが、さいのね畑を訪れてくださる予定で、
GW後半戦のスタートです。
| 来訪者 | 10:35 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
                                                       
<< | 2/8PAGES | >>